トップページへ戻る > 謝罪の言葉

謝罪の言葉

謝罪の言葉がスマートに出てくる。

これはビジネスではとても大切なことですね。

謝罪をするべきときにすばやく、適切に表現できると、
かえって好感を持たれることもあるでしょう。

ここでも、感謝の言葉と同じように、
「すみません」の後、なぜ謝っているのかの理由を述べたほうがよいでしょう。

すみません、は I am sorry. / I apologize.  両方使えますが、

I am sorry.  は言葉を発する本人が申し訳なく思っている時に、

I apologize.  は気持ちはどうであれ、するべきでないことをした時に、

使う表現です。

I apologize for what I have done. I should have dealt with it more carefully.
申し訳ない事をしました。もっと注意深く取り扱うべきでした。

Please accept my apology.  どうか許してください。

もよく使われます。
このあと、相手からもらいたい言葉は

Apology accepted.  許しましょう

です!

【今月の特集!】 当サイトとあの英語発音のプロがタイアップ!!

英語発音特訓塾

関連エントリー

Copyright © 2011 ビジネス英会話.net 【仕事時に使える英語を学ぼう!】. All rights reserved