トップページへ戻る > 英語を勉強することの意味を考える

英語を勉強することの意味を考える

" 日本の英語教育は「インプット型」だと思う。これは何も英語に限ったことではない。どの教科にしても、教師が黒板に書いたことや教科書に書かれたことをそのままノートにとる。そしてそれを何度も見返して暗記をする。こういったやり方の勉強が中心になっている。このやり方で、たしかに知識はつくかもしれない。最近やたらとクイズ番組が放送されているが、クイズ好きの原因はそういう学校教育からきているものかもしれない。
 しかし、勉強とはそういうものだろうか?それでいいのだろうか?わたしたちは、たしかに英語について知識は持っている。”apple”や”book”といった簡単な単語なら誰でも知っているし、日常会話程度ならなんとかできるかもしれない。だが義務教育で何年も英語を習ってきたことを考えると、その成果は不十分と言えるだろう。自分の考えや意見を英語で発信できる人間は、意外と少ない。なぜなのか?
 いわゆる学校英語では文法(やはり暗記)が中心だ。文法は交通ルールのようなもので、たしかに重要なものだ。しかし、もっと重要なのは、自分たちが思っていることを英語で外国の人に伝えること、なのだが、そこには大きな壁がある。日本では、論理立てて物事を考える習慣がないからだ。みんなと同じことがよいとされ、人と違うことをすると、はずされてしまう。グループの中で発言権のある者が右と言えば右だし、左と言えば左なのだ。その中で、英語の授業になったとたん急に自分の意見を言うのは難しい。おそらく大多数の教師もまたそういうことに慣れていないのではないか。
 このような国民性を持つわたしたち日本人にとって、今の教育制度でどうしたら英語ができるようになるかを考えると、やはり「アウトプット型」を重視することに尽きるのではないか。難しい文法を教えるより前に、小学校低学年からアルファベットの読み書きを始め、覚えたての簡単な単語を何度も使うようにする。簡単な単語でコミュニケーションをとる練習をする。そうすれば英語が少し身近なものに感じられるはずだ。感覚を一度つかんでしまえば、あとは語彙を増やす、文法を覚えるなどして難しい表現を身に付けていくだけでいい。大人でも同じようにやる方がいい、とわたしは思う。大切なのは、アウトプットをすること、自分を表現すること、そして日本のことを海外に紹介できること。
 これが英語を勉強することの意味ではないか。
"

【今月の特集!】 当サイトとあの英語発音のプロがタイアップ!!

英語発音特訓塾

関連エントリー

Copyright © 2011 ビジネス英会話.net 【仕事時に使える英語を学ぼう!】. All rights reserved