トップページへ戻る > 歯科衛生士

歯科衛生士

私は28歳の時に歯科衛生士の資格をとりました。
4年制の大学を出た後、一般企業に就職し、3年で退職、その後派遣の仕事やアルバイトなどを転々とし、「一生付き合える仕事を」と思い昼間は歯医者さんで歯科助手として働きながら夜間の歯科衛生士専門学校に3年通い資格を取得しました。
新卒で入った企業を退社した後、仕事を転々とするなかで、おのずと求人誌を見る機会が増えました。こちらのサイトも参考にしたりしました→評判の良い転職エージェントはどこ?
そこで思ったのが、女性の年齢制限の壁(男性もそうかもしれませんが...)、そして自分になにも強みがないという絶望でした。3年という短い期間ではなかなか経験者としての扱いはなく、3年間の経験よりも、たった3年で辞めてしまった責任感の無さみたいな風にとられてしまうのではないかという思いになりました。
その時に色々悩んで、自身を持って“私はこれができます!”と相手に明白に伝えられるものは“資格”だと思い、資格取得を目指しました。
何の資格を取るか、これはすぐに決まりました。
一生向き合える仕事、かつ求人が多いことが条件でした。
母が看護師をしていたので、医療従事者になりたいと思っていました。
中でも、歯医者は大学時代に歯科助手としてアルバイトの経験があったので、自然と歯科衛生士の道へ進む考えになっていました。
専門学校時代は、仕事と学校と3年間毎日大変でしたが、そのおかげで、今は歯科衛生士として充実した日々を送っています。

【今月の特集!】 当サイトとあの英語発音のプロがタイアップ!!

英語発音特訓塾

関連エントリー

Copyright © 2011 ビジネス英会話.net 【仕事時に使える英語を学ぼう!】. All rights reserved